職人が作る素敵な商品を販売しています

茶筒/アラシ・中

販売価格
19,440円(税込)
購入数

「鎚起(ついき)」とは、「鎚」で打ち「起」こすという意味で、1枚の金属の板をさまざまな鎚で打ち起し、器などを作り上げていく鍛金の技術のことです。新潟県燕市で鎚起、打物銅器を製作する富貴堂当主の藤井宏さんは、富貴堂の二代目。父親から教わったその技はいま、息子の健さんへと受け継がれています。銅の熱伝導率はアルミの2倍、鉄の5倍。鎚で丁寧に叩いて作り上げられた表面の凹凸が、表面積を広げるため、その熱伝導性はさらによくなります。また、叩き鍛える鍛金の技法によって地金の強度も増します。富貴堂の茶筒は、たいへん丈夫なだけでなく、外筒と中筒の二重構造になっていて気密性も抜群。茶葉が湿りにくく、緑茶や紅茶を保存するのに最適。煎茶なら約100g入ります。

アラシ肌とは一般的に「ザラザラ」した表面のことを言います。金鎚にいろんな模様を彫って(または付けて)、叩くとその模様が品物に付きます。その模様は使い込んでいくうちに、表面の凸凹がハッキリと出てきて、何とも言えない味わい深い表情になります。

【茶筒の開け方】茶筒の上筒をまっすぐ上に引き上げてください。
【茶筒の閉め方】上筒のビョウ(銀色)の部分が下筒のビョウの部分より少しだけ左側にくるように持ち、まっすぐ上筒をおろします。上筒を右に回し、下筒のビョウと合わせます。「カチッ」と音がして閉まります。
※茶筒のできるだけ回さずに開け閉めすることがコツです。

お手入れ方法
  • 塩気や酸気を嫌いますので、付着させないようにしてください。
  • 柔らかい布で優しく拭いてください。汚れ等がつきましたら布に水を湿らせ、よく絞ってからお拭きください。その後は、乾いた布で乾拭きしてからお使いください。艶も出て参ります。
  • 中筒の口元が細くなっておりますので、内面を拭くときは手を傷つけぬように、注意してください。
  • 水やぬるま湯、洗剤等で洗わないでください。外筒と中筒の間に水が入り、製品が傷む原因になります。また、金属タワシや、クレンザーなどで、磨かないでください。着色が落ち、銅の地色が出てきます。
素材
外側:銅
内側(中子):銅-銀メッキ加工
サイズ
径:7.5cm×高さ:11.5cm
約100g入り
重量
340g
発送日
ご注文受付からおよそ2か月〜
このページの先頭へ

Color Me Shop! pro Copyright (C) 2008 wazamon All Rights Reserved.