WAZAMON 逸品館

職人が作る素敵な商品を販売しています

  • 毛抜き・倉田義之
  • 江戸扇子・松井宏
  • 江戸切子・
  • 花切子・目黒祐樹
  • 革鞄・鞄工作社いたがき
  • おろし金・岩渕辰夫
  • 貴金属加工・浅野盛光
  • 木工芸・中川周士
  • 京葛篭・渡邉良和
  • 京念珠・片岡正二郎
  • 南部箒・
  • オルゴール・橋本勇夫
  • 鎚起銅器・藤井宏
  • 唐津焼・岡本作礼
  • かつお節・稲葉泰三
<>

お知らせ

今、注目の花切子
『読売新聞』に江戸扇子職人・松井宏さんが紹介されました
江戸扇子/描絵/笹すずめ

夏至も近くなってまいりました。扇子の季節到来、ということで6月8日の『読売新聞』朝刊(東京都内版)に、江戸扇子職人・松井宏さんのようすが紹介されました。英字版にも掲載されるとのこと。江戸扇子の職人さんは都内にはもう数えるほどしか残っていません。夏を前に、工房は忙しさを増しているようです。伝統柄や描絵など、逸品館ではさまざまな江戸扇子を取り揃えております。お気に入りの1本をお手もとにいかがでしょう。

松井宏氏の江戸扇子の商品はこちら

2016/6/10
目黒祐樹作 花切子が逸品館に!
花切子/ワイングラス/卷ぶどう/ペア

このたびWAZAMON逸品館に、目黒祐樹さんの「江戸花切子」が仲間入りをします。ロマンティックな巻ぶどう、愛らしい猫や犬のカットが施された一点ものの花切子のグラスとぐい呑。「器はね、なかになにか入れてみたときがいちばん美しいんです。使っていると、カット面に自然に触れることになるでしょう。触れることによって、硝子がやわらかい光を宿すようになりますよ。かわいがってあげてくださいね」と目黒さん。ご贈答用にも最適です。

目黒祐樹氏の花切子の商品はこちら

2016/03/19
フィーチャーフォン向けクレジット決済について

このたび、WAZAMONの決済を委託しておりますヤマトフィナンシャル(株)の「クロネコwebコレクト」において、 フィーチャーフォン(従来の携帯電話、いわゆるガラケー)向けのサービスが4月25日をもち終了となり、 クレジット決済ができなくなります。 そのため、フィーチャーフォンをお使いのお客様につきましては、 商品ご注文の際、「銀行振込」もしくは「商品代引き」での決済をご選択いただきますようお願いいたします。 なお、パソコン、もしくはスマートフォンにつきましては、これまでと変わらずご注文いただけます。

2016/3/18
『女性自身』に江戸本手打ち毛抜きの倉田製作所登場
毛抜き/眉毛用 3mm厚

『女性自身』2月23日号(2月9日発売)の「ケンミン美容お取り寄せ紀行─北は北海道から南は沖縄まで」に、倉田製作所の江戸本手打ち毛抜きが紹介されています。総手打ちの伝統を守る唯一の継承者である倉田さんの毛抜きです。

倉田義之氏の毛抜きの商品はこちら

2016/2/9
『おとなの流儀』に江戸扇子職人・松井宏さんが紹介されました
江戸扇子/描絵/笹すずめ

『歴史人』2月号増刊『おとなの流儀』Vol.16(2015年12月28日発売号、KKベストセラーズ)に、「300年以上の技を伝える江戸扇子職人の肖像」というタイトルで、江戸扇子職人・松井宏さんが登場。父から子へと受け継がれる伝統の技が紹介されています。

松井宏氏の江戸扇子の商品はこちら

2015/12/29
倉田義之作、毛抜き・骨抜きにつきまして
毛抜き/だるま

倉田義之作、毛抜き・骨抜きにつきまして、通常、7営業日(ご注文から10日ほど)で発送させていただいておりますが、4月3日より、ご注文が集中しているため4週間ほどお時間を頂戴しております。江戸本手打ち毛抜きは、ご注文いただいてから一本一本、すべての工程を手作業で作りあげており、在庫を用意している商品ではありません。どうかご了承ください。

倉田義之氏の毛抜きの商品はこちら

2015/4/5
江戸扇子職人・松井宏さんが『via』夏号で紹介されています
江戸扇子/描絵/笹すずめ

エアポート リムジン車内で配布される雑誌『via』の夏号の「シリーズ にっぽん・まいすたー」で、江戸扇子職人・松井宏さんが登場。工房での作業も写真入りで紹介されています。リムジンバスをご利用の際には、ぜひご一読ください。

松井宏氏の江戸扇子の商品はこちら

2014/7/6
消費税増税に伴い、価格を改定させていただきます

いつもWAZAMONをご愛顧くださいまして、ありがとうございます。 すでにお知らせいたしておりますが、2014年4月1日より実施される消費税増税に伴い、4月1日以降にお届けする品物に関しましては、8%の消費税率が適用されます。送料、代引き手数料に関しましても同様に8%の消費税率が適用されます。 WAZAMONでは、3月20日以降のご注文につきましては、商品到着が4月以降になりますので、3月20日より消費税率を8%に変更させていただいております。 ご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

2014/3/4
松井さんの江戸扇子に新作登場
江戸扇子/描絵/笹すずめ

人気の松井さんの江戸扇子。これまでの小紋柄に加え、このたび描き絵が登場しました。江戸友禅師、大槻明彦さんの手による一点ものです。サイズは少し大振りの8寸もの。情緒豊かな扇面をご堪能ください。

松井宏氏の江戸扇子の商品はこちら

2014/2/3
WAZAMON逸品館に、唐津焼の作家・岡本作礼さんの作品が加わりました。
朝鮮唐津/鮑向付

素材の持つエネルギーをダイレクトに表現すること。そのために、素材となる土や釉薬や火をおこすための薪割りにまで十分に時間と神経を注ぎ込むのが、仕事です・・・とおっしゃる唐津焼作家・岡本作礼さんの器が、いよいよWAZAMON逸品館に仲間入りしました。しっくりと手になじむ器です。ご贈答用にもどうぞ。

岡本作礼氏の唐津焼の商品はこちら

2013/11/18
東京新聞で毛抜き職人・倉田義之さんを紹介
毛抜き/だるま

東京新聞(11月4日朝刊)の「平成写真館〜匠の肖像」に、倉田義之さんの記事が掲載されました。総手打ちの伝統を継承する唯一の職人である倉田さんがご子息にその技を伝承しつつ、「一生使える毛抜きを」と仕事に打ち込む真摯な姿が紹介されています。

倉田義之氏の毛抜きの商品はこちら

2013/11/7
満を持して登場! 倉田義之さんの「竹節」毛抜き復刻版
毛抜き/竹節・光沢

竹の節に見立てた「竹節」は、先代の福太郎さんに伝えられた、毛抜きの伝統的なデザインのひとつ。福太郎さんの技を受け継いだ倉田義之さんはこれまでなんとか製品化したいと願ってきました。しかし、たいへん手間のかかる形だったので、なかなか叶わなかったのです。このたび、一部工程で型を作成することで、みごとに復刻させることができました。口巾は眉毛用と同じ3ミリ。節の部分の凹凸があるため、指どまりがよく、使いやすさ抜群です。洋白の輝きが美しい「光沢」と、ちょっとノスタルジックな「つや消し」の2タイプをご用意いたしました。

倉田義之氏の毛抜きの商品はこちら

2013/7/4
銅との真剣勝負で生まれる鎚起銅器が登場です。
急須/金色・0.5L・茶こし無し

優美であたたかく、そして堅牢。鎚起銅器の表面には、細かく打ち出された模様が刻まれています。一枚の銅板をさまざまな鎚で叩いて、打って、仕上げられているのです。外面の着色には鎚起銅器職人・藤井宏さんが何年もかけて開発した独自の技法が使われています。銅の熱伝導はアルミの2倍で、ステンレスの25倍。100年でも使えるくらいに丈夫で、しかもお手入れ簡単。使っているうちにやわらかな風合いの器に育っていきます。どうかぜひ、お気に入りの道具の仲間に加えてください。

藤井宏氏の鎚起銅器の商品はこちら

2013/5/26
このページの先頭へ

Color Me Shop! pro Copyright (C) 2008 wazamon All Rights Reserved.